全身脱毛は生理だと受けられない?その理由とは

全身脱毛の施術日に生理であると施術を受けられないのでしょうか。結論からいえば、VIOラインに関してはほとんどの場合施術が不可能です。VIO以外の部位であれば、施術が行われることが多いです。サロンによって多少規定は異なりますが、VIOライン以外を全身脱毛施術して、1回とカウントされることもあります。

基本的に、生理中は全身脱毛のみならず、脱毛施術自体避けた方がよいといわれています。この時期はホルモンバランスが乱れており、普段なら大丈夫な刺激や摩擦でも、痛みやかゆみ、発疹など、肌が敏感に反応してしまう可能性が高くなるからです。ですから、サロン側も生理中の脱毛施術をおすすすめしていないところは多いです。VIOラインは特に敏感な部位であるため、肌ダメージが起こりやすいといえます。また、無意識に経血が流れている状態なので、施術台などに血が付着したり、血液による病気の感染が起こるリスクもあります。それを回避するために、VIOラインは施術ができないサロンが多いのです。

とはいえ、全身脱毛プランの場合、VIOラインが施術できず、施術1回とカウントされると損をしてしまいます。ですから、生理日を避けて予約するようにするのがおすすめです。また、契約時に当日のキャンセル料が無料かどうか、予約の変更が無料かどうか、VIOラインが脱毛できなかった場合でも施術1回とカウントされるのか、といった契約内容をしっかりと確認しておきましょう。