無職だけどお金を借りる方法を知りたい

急にお金が必要になったが、無職だとお金を借りる方法がないと躊躇することがあるかもしれません。しかし、条件によっては現在無職の方でもお金を借りることができる場合があります。例えば、あなたが主婦や学生で、配偶者や両親に安定した収入があって、審査に通過すれば銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングが即日で借りられます。このキャッシングは少額から借りられ、24時間インターネットで申込みができます。つまり、来店などが不要ですし、しかもその身内に内緒で借りることができます。配偶者や家族の方の収入については、正社員でなくても、派遣社員やアルバイトなども収入として認められ、審査可能です。また、申込み時に一部の金融機関では配偶者や親の収入金額を記載するだけで借りることができるところもあります。

その派遣社員ですが、前年度に収入がある方で現在、登録している派遣会社がある場合、その会社を勤務先として申し込むと審査が下りてお金を借りることができる場合があります。これは収入対象に前年度分を考慮してくれる金融機関の場合で、まだ無職になって日が浅い方の場合は審査が通りやすくなる可能性があるからです。

また、無職であっても年金受給者の方の場合は借りられる場合があります。この場合、多くの金融機関が年齢制限を設けており、概ね65歳や70歳未満までといったところが多いのが実情ですが、確認してみましょう。さらに年金受給者の方には同じように受給年金を支払い原資とする年金担保融資という制度があります。これは公庫などの特別な融資で、年金受給が開始されるとその年金額から返済されるものです。ただし、融資の審査が通常1か月ほどかかりますので、すぐにお金を借りる必要のある方は民間の金融機関をチェックしたほうがいいでしょう。